婚活中のみなさん、こんにちは。

北海道結婚相談センター仲人、加地です。みなさんに役立つブログを書いています。

今日は来店された40代前半の初婚男性ら・・・。 “結婚する為の「婚活」、自分が努力しないと結婚はできないのでしょうか?” “縁は平等に訪れるものではないのでしょうか?” と質問を受けました。 私は長年、めでたくご縁に繋がっていったカップルを見てきて気づいたことは、『偶然訪れた縁に気付き、それを無駄にしなかった人だけが「結婚は縁」と言えるし「縁」は誰にでも平等に訪れるものではない』ように思います。 縁は運と努力も必要だと思います。この人だ!と思ったらガッチリ掴んで離さないようにしなくてはいけません。

私は特に、地方、田舎に住む男女の出会いのなさは致命的ではないかと思っています。結婚適齢者のほとんどは都会に出て行き、職業も一般的に結婚対象から避けられることの多い農業や漁業従事者。地方に限らず、仕事に集中するばかりに結婚適齢期を逃してしまう人も少なくないと思っています。 ただ、40歳を過ぎて独身で、本人の言動に、ちょっとおかしな部分があると(あ~やっぱりね)となるのも、またしょうがないかな!と思います。それは残念ながらバツ1・バツ2となった人の中に離婚の理由を伺って(あ~なるほどね)と思うのと同じかもしれません。 「ご縁」はある程度は努力次第だと思います。 確かに女性と付き合うのが難しいかなと思う性格の男性はいます。でもそれは、若い人だってそういう男性はいます。 一緒にいて合わないと感じれば若くしても結婚はなかなか難しいものです。しかし、出会いはいつどこにあるのかわかりません。

職場が男性ばかりでも、出会いがあり結婚される男性はたくさんいます。その人自身が女性とのご縁があるかどうかです。 縁あって出会いがあり、お互いに性格や好みが合えば『この人を守りたい、ずっと一緒にいたい』と男女問わず思えるようになってきます。 あー結婚、結婚がしたい・・・と焦ってしまうとせっかくの大切な出会いを見逃してしまいかねません。冷静に自分に何が足りないのか、努力すべきところは何かをアドバイスを受けて婚活する必要があります。 今、結婚は努力してする時代です。なぜなら結婚も競争だからです。昔は相手に対して多くを望むことはありませんでした。身近なところで、親や親せきの紹介などで、性格など確かめる事もなく自分ではよくわからない人と結婚し、親、兄弟の大家族の中で我慢も多かったかもしれませんが、子供の為に一生懸命に働いて育てました。でも今は、自分に合った人、自分を互いに好きな人、自分の趣味や時間は守り互いに尊重し合い、自分の生き方に賛同してくれる人とでないと…と相手に望むものが多くあります。

当然、結婚相手は異性なら誰でもいいという訳にはいきません。多くの人にこんな人と結婚したい!こんな人が理想!と思われる人はどうしても競争率が高いのです。北海道は特に女性の結婚適齢期者が男性に比べて多いから、なおさら大変です。 偶然訪れた縁を掴むために日々努力することとは、偶然訪れるかもしれない縁の数を増やす努力をすること。 偶然訪れる縁に気付く努力をすること。 自分に足りない部分を自分磨きをすること。 全て努力が必要かもしれませんね。 今週の土曜日、40代の初婚男性は初めてのお見合いがあります。お見合い前に私もアドバイスしますが・・・多分、きっと緊張されるでしょうね。

良いご縁に繋がりますように。。。

北海道結婚相談センターより