婚活中のみなさん、こんにちは。

北海道結婚相談センター仲人、加地です。みなさんに役立つブログを書いています。

「早く結婚したい!」と望んでいる人たちは大勢います。20代や30代前半の場合は、女性の方がそう思うことが多いですが、30代も後半になってくると、男性もそう思う方が増えてきます。

そうは言っても、結婚はお相手とふたりでするもの。恋人がいたとしても、なかなかお相手は結婚したがらないということもあるでしょう。そんな思いの違いから、ふたりがすれ違ってしまうことも・・・。そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

どうして、早く結婚したいのか?

「とにかく早く結婚したい!」でも、どうしてそういった気持ちが湧いてくるのでしょうか。なかなか説明がつかないその気持ちと向き合うことで、少しは焦りが軽減されるかもしれません。

早く結婚したいと思っている人は、周囲の人たちが次々と結婚していく中で、「自分も早く結婚したい」と焦りを抱えてしまったという人もいるでしょう。例えば、学生時代からの仲の良い友人や、同じ時期に新卒として入社した同僚などが結婚した場合などです。

20代後半や30代に入ると、知り合いの結婚式へ出席する機会も多くなることでしょう。そんな中で、結婚した友人を祝福しながらも、陰で焦りを感じていることがあります。また、結婚だけではなく、子供が何歳になった等の情報が耳に入ると、自分が独身であることにコンプレックスを抱くこともあるかもしれません。

そんな時は、周りに流されず、自分は自分だと、自分の人生に誇りを持つようにしましょう。

恋人が結婚したがらない

現在、恋人がいる人で早く結婚したいと望んでいる人もいるでしょう。ただ、肝心の恋人が結婚したがらないということは、よくあるパターンです。そこで、恋人が結婚したがらない時の対処法を説明します。

・はっきりと思いを伝える

恋人にはっきりと「結婚したい」という思いを伝えたことがないなら、まずはその思いを伝えるところから始めましょう。恋人が結婚を承諾してくれたり、前向きに考えてくれるようになることもあるでしょう。

しかし、そう上手くはいかないことも多いと思いますが、思いを伝えることをきっかけに、ふたりで結婚について考える機会ができれば、一歩前進です。これまで曖昧にしてきたお相手の気持ちがはっきりとすることもあるでしょう。

・恋人に「結婚したい」と思われるような期限付き努力

何事もそうですが、「結婚する」という目標のタイムリミットを設定し、それに向かって努力をすることも大切です。今、恋人は、まだ結婚は早いと思っているかもしれません。しかし、期限を区切って恋人に結婚に対する意欲を持たせるような努力をすれば、お相手の気持ちも変わるかもしれません。

例えば、恋人が家庭的な人がタイプなのであれば、料理や家事ができることをアピールしたり、練習してみるのもいいでしょう。

・結婚する気がないようなら、別れて婚活を始める覚悟も

お相手の中には、そもそも結婚には興味がないという人もいるでしょう。しかし、付き合うことと結婚は別に考えているので、あなたと別れたいわけではなく、結婚についてはいつもはぐらかしているというタイプがいます。もし、期限付きで結婚へ向けて努力しても、何も変わらないようであれば、今のお相手と別れて婚活を始める覚悟も必要かもしれません。

もちろん、人は気持ちが変わるので、いつか恋人に結婚願望が芽生えることもあるかもしれません。しかし、それがいつなのか、相手が誰なのかは分かりません。婚活市場は、どうしても若い方が決まりやすいということがあります。結婚したがらない恋人に情が残っている方もいるかもしれませんが、情に流されずに自分の将来を見据えた判断をすることも大切でしょう。

北海道結婚相談センターより