婚活中のみなさん、こんにちわ。

北海道結婚相談センター仲人、浜田です。皆様に役立つブログを書いています

婚活をしていてのめり込みすぎているあなたへ 恋に溺れすぎないように気をつけるポイント ・恋愛の優先順位を下げておく

恋愛をしていると、ついついお互いが依存し合ってしまうことがあります。常に連絡を取り合ったり、いつどこにいるか把握しなければ不安になってしまったり、あなたにも身に覚えがあるかもしれません。 依存関係になると、自分の不安な感情に相手を巻き込んでしまうので、お互いがストレスになってしまいます。もし、あなたが恋愛以外に没頭できるものがないとしたら要注意です。恋人と依存関係になってしまう人の多くは、恋愛の優先順位が1番になっています。恋人は大切にするけど、それ以外も大切にできるのが大人ないい女です。

・友達を大切にする

恋愛に依存していると、もし別れたときには寂しくてたまらなくなり、恋愛中疎遠にしていた友達などに急に連絡しはじめる人がいるかもしれません。別れたときばかり連絡してくる女の子は特にそのタイプです。でも、それってちょっと自己中心的ですよね。純粋な友情ではなくて、自分の寂しさを紛らわす気持ちが勝っているからです。恋愛に溺れていると、つい友達の優先順位が下がってしまうことがあります。恋人だけと時間を過ごしていると、意外と自分を見失ってしまうものです。いままで仲が良かったお友達も大切にしながら素敵な恋愛をしましょう。

・恋人とパートナーは別

恋愛して、大好きな人と結婚したい!それが叶うのがベストですが、25歳を過ぎると、大好きという勢いだけではなかなか結婚に踏み出せないことも増えてきます。恋愛をしたい気持ちと結婚をしたい気持ちが同時にある人は、一度「パートナーシップ」について考えてみましょう。恋に溺れた依存関係では、お互いを尊重し合って助け合うような協力体制が築けません。依存している間には、自分の感情が大切になるからです。寂しいとか嬉しいとか、一喜一憂して恋愛を楽しんでいるような状態です。もちろんこれも素敵な時間ではありますが、依存関係のままでは、その寂しさや自尊心を満たし合うだけの人としての成長もないカップルになってしまいます。大人の恋愛をするために、お互いを尊重し合えるようなパートナーシップを築いていきましょう。

続きます。

婚活中のみなさんにい出会いがありますように 

北海道結婚相談センターより